松山千春コンサート・ツアー2014「生きて」 in 八戸

 昨日は八戸市公会堂での松山千春コンサートに出かけた。
画像

 八戸でのコンサートは3年半ぶりと話していた。

 コンサート終了後、ロビーにセット・リストが掲示された。それぞれの曲名とアルバムタイトルが併せて示され親切だなあと思った。
 昨日が、今回のツアー本州最後で、あとは北海道での2回を残すのみ(公式サイトで確認すると、八戸はこのツアーで25箇所目、あとは6月30日・7月1日の札幌で終わり)ということなので、セット・リストを載せておきましょう。

【Ⅰ部】
1.愛の歌 (起承転結13)
2.あたい (松山千春の世界、東京厚生年金会館ファイナル)
3.オホーツクの海 (松山千春LIVE「風を受けて」)
4.恋 (松山千春の世界、再生、季節の旅人)
5.祈り (松山千春の世界、起承転結11、天才・松山千春のラブバラード)

【Ⅱ部】
6.君は僕 (TOUR)
7.水溜まり (起承転結11、東京厚生年金会館ファイナル)
8.生命 (松山千春の世界、風景、起承転結Ⅶ)
9.途上 (男たちの唄、物語、松山千春LIVE「もうひとりのガリレオ」)
10.歩き出してくれないか (歩き出してくれないか、生きて)

【アンコールⅠ】
11.長い夜 (松山千春の世界、再生、季節の旅人、)
12.人生の空から (松山千春の世界、再生、起承転結Ⅱ)
13.銀の雨 (松山千春の世界、再生、旅立ち)
14.もう一度 (松山千春の世界、再生、浪漫)
15.初恋 (起承転結)
16.君のために作った歌 (松山千春の世界)
17.これ以上 (松山千春の世界、季節の旅人、松山千春LIVE「風をうけて」)
18.午前3時 (Message、季節の旅人、起承転結Ⅴ)
19.クリスマス (起承転結8、季節の旅人)
20.季節の中で (松山千春の世界、再生、旅立ち)

【アンコールⅡ】
21.生きて (歩き出してくれないか、生きて)
22.大空と大地の中で (松山千春の世界、再生、季節の旅人)
画像
ポスターの元写真から

 Ⅰ部とⅡ部の間には、スクリーンが下りてきて、「伊勢正三・加川良・松山千春 2014年3月20日 奄美群島日本復帰60周年記念事業『アコースティックコンサート~原点~』」の様子と、今回のバックメンバーの紹介映像が映し出された。

 映像でのメンバー紹介に、一人一人大きな拍手が沸いたのは八戸が一番だったらしく、とても喜んでいた。

 今日は、少し疲れているので詳細は書かないが(もちろんMCの内容まで書いてしまったら楽しみがなくなります)、セット・リストを見ていただいてわかるように、アンコールが2回も行われた。
 本人も冗談交じりに話していたが、アンコールから来ても楽しめるくらいたくさんの曲を歌ってくれた。
 
 半分本気、半分予定通りだとは思うが、アンコールⅠでは、松山千春が適当にページをめくって出た歌を、最初のキーをいっただけで、いきなり歌い出し、バックのメンバーが何とか合わせて演奏するといった形態をとっていた。ギターが丸山ももたろうさんなので、それでも何とかなっていた。他のメンバーは知っている曲のときだけ参加していた。

 アンコールⅡのツアータイトルにもなっている“♪生きて”は、松山千春が唯一一人で自らギターの弾き語りをした。

 3時間を少し超えるコンサートになったが、よく歌ったものだと感心する。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"松山千春コンサート・ツアー2014「生きて」 in 八戸" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント