アコギレッスン その31(2月の1回目)

 今日は●Jazzの2回目。

 前回やりかけた1をもう一度やる。
 短いフレーズとはいえ、始めてのコードばかり出てきて、初見では目と指が追いつかなかったもの。
 | CM7 C#dim | Dm7 D#dim | Em7-5 A7(♭13)  | Dm7(9) G7(♭13) |
 4小節目のDm7(9)が押さえにくい。





 練習していったので、無事終了。

 2は、結構長くて、やはりコードが大変。
 | F7(9) | B♭7(13) | F7(9) | Cm7 B7(13) |
 | B♭7(13) | Bdim | F7(9) | Am7-5 D7(♭9) |
 | Gm7 | C7(9) | F7(13) D7(#9) | Gm C7(9) |



 音源は、今回省略。

 2弦×のコードなどは、指で弾くならセーハで押さえておいても弾かなければすむのだが、ピックでストロークではそれもできない。
 何とか弾いたものの、まだスムーズではないので、次回もやることにして終了。

 ここでテキストの●Jazzからいったん離れ、曲集『Tunes3』の曲をやることに。

 先生が選んでくださったのは、Richard MarXの“♪NOW AND FOREVER”

 ざっとさらってみようということで、一緒に弾いていたが、イントロから「A」「B」「C」「D」「E」のパートはずっとアルペジオの曲なので何とかなると思っていた。
 ところが、「F」のパートはギターⅠとギターⅡに分かれていて、ギターⅠがアルペジオ、ギターⅡはリードギターのようになっていて、ここはギターⅡの方を弾きましょうということだった。ここは自分は初見では、歯が立たない。(上のYoutubeの動画では、間奏のギターソロの部分になるのだろう)
 「G」「H」のパートへ続いて終了。

 次回は、1週おいて2週間後になるので、じっくり練習する時間だけはあるなあ。

 今日は、グルーヴィンに行ってから音楽教室の始まる前にギター関係の本のコーナーを見ていたら、新しい『ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE VOL63』が出ていたので即購入。
画像
 中身は、これからじっくりと見てみよう(^_^)

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"アコギレッスン その31(2月の1回目)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント