アコギレッスン その35(3月の2回目)

 先週に引き続いて、3月2回目のレッスン日。

 はじめに“♪イパネマの娘”をやる。

 先週コードの確認をしていたので、伴奏音楽に合わせて一通り弾いてみる。
 繰り返しも含めて最後までいくにはいったものの、しかし、一部勘違いをしていたコードがあり、また♭M7(9)系や7(♭9)系のようにやや苦手なコードがあって伴奏音楽から少し遅れて押さえる感じになったところもあったので、次回も確認の意味でやることに。
 どうも自分は、小指が薬指より低音弦側になる押さえ方が苦手です(^_^;))

 テキストに戻って、前回で●Bossa Novaは終わったので、次の●Irishをやる。

 レギュラーチューニングでアルペジオの曲なので、初見だったが弾いてみると、なんとこの曲は“♪The Sally Gardens/Traditional”だった。
 最後まで一通り弾いてみたあと、すぐに伴奏音楽に合わせ弾き、終了となった。

 しかもテキストには●Irishとしては、この1曲だけしか載っていなくてものたりなかった。

 アイリッシュのこの曲自体は大好きな曲である。 
画像
 岸部眞明さんの『My Favorites』の1曲目に“♪Down by the Sally Garden”としてDADGAD・capo5で載っていて、練習したことがあった。(ソロ・ギターを始めたころ、曲を覚えるのに動画を検索すると、この少年のものがよく出てきていました。)

 また、この曲のYoutubeも結構検索してよく聴いたものだ。

 日本語の歌詞がついたものでは、坂庭省悟さんのものが好きだった。


 そういえば、昨秋久しぶりに喫茶ピーマンに行ったとき、マスターがこの子いいよ~といって見せてくれた青森県下北半島在住の歌手sinonさんのライヴのビデオの中で、彼女がこの曲を歌っていたので驚いたことがある。
 帰ってから調べてみると、彼女の『すわりごごちのいい椅子』というアルバムにも7曲目に“♪初恋 ~Down By The Sally Gardens~“として収められていた。(アルバムタイトルをクリックすると試聴ができるサイトにリンクします)

 彼女の声はとても美しく、話をするときの感じといい意味でも悪い意味でもギャップがありすぎるが、最近、この曲を歌っている人は珍しく、心に残った。

 話が脇道にそれたので、レッスンに戻そう。

 まだ時間があったので、次に進むことになった。

 次の●HawaiianはC Tuningで5・6弦をダウンしなければならず、とばして、次の●Okinawanをやることになった。

 曲は“♪てぃんさぐぬ花”で、Drop D Tuning。

 この曲の弾き方を確認している内に時間となり、次回にやることとなった。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"アコギレッスン その35(3月の2回目)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント