アコギレッスン その38(4月の2回目)とトラスロッドカバー「2作目改」

 今日は、“♪君の友達(You've Got A Friend)”から。

 コードは先週確認済みで、単純なアルペジオなので、伴奏音源にあわせて弾いて、即終了。

 先週、髪のある方のJTの動画を載せたので、今回は髪のない方で(^_^;))
 

 次に、●Rhythm Exercise 2 と ●Reading Exercise 2のそれぞれの1と2をやる。

 やり方は、まず、同じ高さの音を指定されたリズムで弾く●Rhythm Exerciseをやった後、同じリズムで音程のつく●Reading Exerciseを弾くというもの。
 簡単で本当の初歩に戻ったような感じだが、この後、複雑なリズムや音程になってもちゃんと「楽譜を読む」ようにできるための練習なのだろう。

 それぞれの1と2をやった後、それを伴奏音源に合わせて先生と交代で弾きアンサンブルにする。

 今回は、1と2、そしてそれを合わせたアンサンブルの3つの音源を載せておきましょう。
1  


2  


1+2

 

 
 ここで、次には進まずに、曲集『Tunes3』から、“♪TAKE IT EASY”をやることに。
 今日は、コードの確認だけということだったが、難しいコードもないので即終了。

 ただし、前奏のコード進行で、| G | G | ConG | Am7onG |の繰り返しがあるのだが、ここの押さえ方を次のように確認する。

 最初はConGを上の左から2番目でおさえていたら、ここでは3番目のように押さえましょうと言うことだった。
 確かにこの方がG→ConG→Am7onGの流れがスムーズである。

 また、Gも5弦ミュートで2弦3フレットも押さえるパターンがサウンド的にはいい気がするが、ここでは普通のGで、上記の流れをスムーズにやってみましょうと言うことだった。

 この曲はEaglesのものが有名で、レッスンも単純なストロークでいいと言うことだったが、それでは味気ないので、家では、この曲を作ったJackson Browneのギタープレイがわかりやすいこの動画を参考にしようと思う。 


 ところで、失敗だったトラスロッドカバーの2作目だが、オイルステンを削って剥がしてみると、色的にはまわりとはちがうものの、逆にこれはこれでありかなという気もしてきた。
画像
 「2作目改」とでも名付けておきましょう。
画像



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"アコギレッスン その38(4月の2回目)とトラスロッドカバー「2作目改」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント