アコギレッスンその40(5月の1回目)

 今日は、間に2週間をはさんでの久しぶりのレッスン日だった。

 いつものように時間前に音楽教室入口のソファーに座って待っていると、自分の前のレッスンを終えたT先生が出てきて、今レッスンしていたNさんが話があるそうですよと教えてくれた。
 すぐにギターケースを抱えたNさんが出てきて、これから自分が受けるレッスンの終了後に少し話がしたいのだがいいですかということだった。

 Nさんは、この1月から自分の前の時間帯にレッスンを受けている方で、いつも挨拶はしていたが、ちゃんと話しをしたことはなかった。
 構いませんよと答えると、レッスンが終わるまで店内で待っているということだった。

********************


 話って何だろうなと思いながらレッスンを受けた。

 今日のレッスンは、まず“♪HEY HEY”から。

 前回のレッスンから2週間あったものの、連休などもあり、ちゃんと練習したのはわずかしかなかった。

 いくつかフレーズのパターンを確認してから伴奏音源に合わせて先生と一緒に弾いてみた。
 最後までいったものの、けっこう速いテンポで、楽譜を見るためにところどころリズムが崩れたり、ミュートしながら弾く親指の規則的なベースが怪しいところがあったりして、だいたいできているけれど、次回もう一度やってみましょうということになった。
画像
1・2・3弦のハンマリング、プリング、スライドが入ってくると、
5・6弦の規則的な四分音符の親指ベースが怪しくなる。
この部分だけを楽譜に起こしてみた。
クリックすると大きくなります。
 
 5弦の2フレットから7フレットへスライドして始まるブルースでは知られた曲ではあるけれど、この曲をご存じない方のために、Youtubeの動画を貼っておきましょう。

 このCLAPTONが弾いているところが、ほぼそのままレッスン内容になります。
画像

 次は、テキストに戻って●Rhythm Exercise 4 と ●Reading Exercise 4のそれぞれの1と2をやる。
 それぞれ個々にやった後、先生とアンサンブルを交互に弾いて終了。
 今回は、参考音源は省略。

********************


 レッスン修了後、店内で待っていたNさんと一緒に、城下のスタバへ行く。

 ここで、お互いにコーヒーだけで昼食もとらずにけっこう長い時間話をしていた。

 Nさんは、自分より学年が一つ下の年齢で、民間企業なので誕生月の12月末で退職し、この1月から自分と同じようにアコギのレッスンを受けている。
 若いときにギターの経験があり、レッスンはテキストの2から始めたという。

 スタバはフリーのWiーFiが使えるので、ipadで自分のブログも見てもらったりしながら、レッスンのことや好きな音楽のこと、八戸の音楽事情などいろいろ話した。

 共通の知り合い(「加川ふ良」ことOさんとは同期で、一緒に演奏したこともあるという)がいることも分かったりして、最後に互いの連絡先を交換して別れた。

 もしかしたらNさんは、同じレッスンを受けているので、単に、今後のために連絡先を交換しましょうということだったのかもしれないが、けっこういろいろな話ができて楽しかった。

 これからブログも始めたいということも話していたので、こちらも楽しみである。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"アコギレッスンその40(5月の1回目)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント