アコギレッスンその53(9月の2回目).

 前回竹内まりやの“♪元気を出して”の2回目をやったとき、先生に「難しいところはまた練習しておきましょう」といわれたので、今週もその続きをやるものと思っていた。

 レッスンの時間前に弾いていたら、入ってきた先生が「前回、難しい曲でしたね。終わったので、今日は次をやりましょう。」ということだった。
 自分としては不完全だと思っていて、まだ終わった気がしていなかったが、少しほっとした。

 次の曲は、スガシカオ・川村結花の“夜空ノムコウ”だった。

 全くの初めてだったので、ほとんどコードの確認に終始。
 わからないコードの押さえ方を聞くと、先生は、その前のコードをどうやって押さえていますかと確認し、次のコードの押さえ方を教えてくれる。(同じコードでも、いろいろなポジションがあるので、できるだけ近い場所のものを教えてくれる。)

 弾き方は、自由な指弾きということだったが、音符が次の小節にタイでつながっているときは、コードも先乗りするのか聞いてみた。(前回までやっていた“♪元気を出して”は、同じ小節の中に2つのコードがあり、あとのコードが先乗りする弾き方だったので)
画像

 先生も最初は、そうですねということだったが、伴奏音源で確認してみましょうということになり、聞いてみるとベース音が小節の始めにあるので、先乗りせず普通のコード進行でいいでしょうということになった。

 次のレッスンまで家で練習ということになるが、改めて、いくつかコードを確認しておこう。

 Dm7onC は初めてだが、Dm7onGと同じ考え方で、Dm7を押さえながらベース音をC(5弦3フレット)にする。

 B♭M7 → C7 → F6 は、同じ形をずらして押さえるイメージ。

 あとは、以下のものくらいかな。
 


 SMAPで売れた曲だが、作詞のスガシカオさんの動画を載せておきましょう。
 

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

"アコギレッスンその53(9月の2回目)." へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント