テーマ:

本当に久しぶりの岩木山(右手の爪が・・・)

 いつもの自転車や階上岳のことはこの頃ブログにしていないが、今日は、いつもと違うのでMemoしておこう。    今日は、青森市で一日研修があるというwifeの運転手。  行きは、八甲田の田代平を抜ける山回りをして青森市へ。  研修会場にwifeを降ろし、自分はそのまま青森中央ICから高速に乗り、浪岡ICで降り、岩木山へ向かう。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Kaina「The Guitarist」その後2

 その後、何回か落としたり塗り直したりしてみた。  落とすのは、除光液で拭くだけなので簡単だし、塗るのも入れ物のキャップの内側に刷毛がついているので簡単である。  塗るときは、刷毛にたっぷりめにつけて、爪の根本から一気にというのかコツかもしれない。  最初は、ニスでのタッチアップのイメージがあり、少なめにつけてやってみたが、そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「The Guitarist」その後

 Kainaの「The Guitarist」を塗って3日目の朝、人差し指の爪がこうなっていた。  塗ったばかりのときは、まだ柔かい感じがしてやらなかったのだが、翌日は硬くなったように感じたので、昨夜はサイレントギターでカーターファミリー奏法なども少しやってみたのだった。(Tommy Emanuelの弾いてみたい曲があって、例によっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Kaina「The Guitarist」を試す

 この土曜日は、映画を見にイオン下田まで出かけた。  「TOHOシネマおいらせ」に行ったときは必ず寄ることにしているイオン内のグルーヴィン楽器。  ギターはとりたててみたいものが置いてあるわけではない(失礼!!(^_^;))が、いつものように楽譜や小物を眺めていると、弦・ピックのコーナーに、あの「Kaina」が3つだけ置いてあっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

いつもの爪補強

 不用意に親指を突いてしまい、こんなことに。  でも、ご安心ください。爪が割れたのではなく、爪のコーティング(アロンアルファ「釣名人」)にひびが入っただけで、爪脇の皮がむけたところは痛いですが、爪のところに痛みは全くありません。 こうなると、「爪のお手入れセット」の登場です。(もちろん、自分が勝手にセットにしているだけて、こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり爪の保護は必要

 怒濤のような年度末・年度始めで毎日が明け暮れて、3月途中からブログを書いている余裕がなくなり、今回はそれ以来で、4月に入って初めてのブログの更新となる。  この13・14日は、珍しく何もない土日となり、久しぶりに音の出るギターを弾いてみた。やっぱりボディのあるアコースティックギターの響きは気持ちいいなあ。  サイレント…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

はがれた爪のアロンアルファ

 左手人差し指の突き指がまだ完治しない。伸ばしたり軽く曲げたりする程度なら何ということもないが、深く曲げようとすると途中から抵抗があり、最初からは完全に曲がらないし、何度かやっていると最後まで曲がるようにはなるもののまだ痛みがある。  ギターを握っても、痛みがあり、また自由に押さえたいところが押さえられないので、長くは弾かずやめ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

爪の補強(アロンアルファ+ティッシュ) その2

 ・・・その1からの続き。  ほんの少し乾かしてから、爪先の余分なティッシュを下向きにちぎるようにとる。(完全に乾いてからでも、爪ヤスリで削るときれいにとれるが、完全に乾かないうちに、横の皮膚についたようなところをとっておけば後の処理が楽である。) 【追記:最初から横ははみださない幅に切ってから貼るのがベスト!!】  乾いた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

爪の補強(アロンアルファ+ティッシュ) その1

 外にある流し場で、金属たわし等を使って油汚れを取るなどの作業をした。実は、作業中も隅に指を何度かぶつけて気にはなっていたが、終わってから爪を見ると、案の定、こんな状態に。  爪先の左側の大きくひびが入って見える部位は、いつもの場所である。ぶつけたりして割れたりひびが入ったりするのは、たいていこの場所なのだ。  アロンアルファを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爪先のような小さな話(右手編)

 自分は、右手の爪にアロンアルファ「釣名人」を塗っているが、現在は、人差し指と親指の2本だけで、量も少ない。1度塗りか薄めで2度塗りでやめている。塗る範囲も、伸ばした白い部分は別として、爪床(ピンクの部分)には2~3㎜といったところだ。  オレンジ色の線の先の部分だけにアロンアルファが塗ってある。塗った部分と塗らない部分がわざとわかり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

爪先のような小さな話(左手編)

 とるにたらない小さな話。  自分の場合、左手の爪は、これでもう伸びすぎである。中指・薬指はまだいいが、人差し指がこの状態では、もう指板にあたるのだ。  中指・薬指が結構深爪なので、爪切りでなく、ガラスの爪ヤスリで削る。  ガラスの爪ヤスリは、思った以上に速く削ることができる。目が詰まった場合も、水で洗うだけで簡単に元どおりになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指板のえぐれ

三十数年前の学生時代、初めて自分で購入したYAMAHA FG-200の指板である。  これほど指板がえぐれているのはなぜだろう。握力は結構ある方だが、フレットが減ってきているのに、押さえ方があまいのだろうと、必要以上にぎっちりと押さえていたのかもしれない。コンパウンド弦を張っていて、弦にあまりテンションをかけないで弾いていたことも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再びフィンガーピックの話

 サムピックは別として、一般には、フィンガーピックを使う人はあまりいないようだ。  (一般に知られている歌手としては、さだまさし氏がフィンガーピックを着けて演奏することがある。この間もNHKの深夜の番組で、D-35(だったと思う。偶然つけたら歌い終わるところだった。)をフィンガーピックを着けて演奏していた。)  自分は遊びは別と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

各指の爪の長さ

 ギターを弾くために、右手の爪を伸ばしてみたり、短くしてみたりを未だに繰り返しているが、どうやら、自分のフィンガーピッキングのやり方に一番合っている爪の長さは、手のひら側から見たとき、すれすれに爪が見えない長さである。  自分としては、弦を指がこするように動いて、弦から離れるときに爪でピッキングするというのが一番力が伝わりやすいと…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

アロンアルファを塗った爪

 爪の先から5・6mmくらいまでアロンアルファがのっています。  3~4回塗り重ねていますが、削って処理してあるので、ちょっと見ただけではわかりません。  写真では、光の具合でよく見ると分かります。 にほんブログ村 人気ブログランキングへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爪の強化・ケア

ガラス製爪やすりはすぐれもの。 「釣名人」は手軽で簡単、結構長持ちだが、今日はいったん全部はがす。 「はがし隊」は塗り換えの際の爪の保護に必需品、塗ってちょっとおくと、接着剤が柔らかくなって、きれいにとれ、爪がはがれてボロボロになることもない。 にほんブログ村 人気ブログランキングへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more