テーマ:フォークソング

『ひめ風』(南こうせつ・伊勢正三)コンサート in 青森

 今日は、八戸市から車で、八甲田の紅葉を楽しみながら青森市に移動し、『ひめ風』のコンサートを楽しんできた。  「SPECIAL CONCERT 2016 ~ひめ風!?~」と題し、南こうせつ・伊勢正三の二人が、『かぐや姫』と『風』時代の曲を聴かせるコンサートだった。  ステージは、バックバンド(ベース:河合徹三、バイオリン・マンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HACHINOHEフォークジャンボリー

 今日は、八戸市公会堂で開催された『HACHINOHEフォークジャンボリー』に行ってきた。  八戸では、かつて、2000年9月から、毎年『馬淵川フォークジャンボリー』が開催されていたが、2009年9月の第十回をもって終了となっていた。  それから7年がたった今年、『八戸フォークジャンボリー』と名前を変えて復活したものだった。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八戸A7のフォークソングLIVE「がくや姫」と「吉田(きちだ)たくろう」

 今日は久しぶりにパワーステーションA7に出かけてみた。  「がくや姫」と「吉田(きちだ)たくろう」のライヴがあったからである。  前半の「がくや姫」は、アコギ2本とベースの編成で、「南こっせつ(葛西)」さん・「山田ぱんや(松井)」さんに加え、亡くなった「あせ正三」さんの代わりに新しいメンバーが入って、アコースティック感あふれる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

FG-200に新しい弦を張ってみる

 ネックの矯正具合はどうなったかと、クランプを外してみた。  弦を張らない状態なら、ネックはほぼ真っ直ぐのフラット状態に見える。  このギターは、トラスロッドが利いてきない状態だったので、なるべく張力の少ないエクストラ・ライトかコンパウンドを張っていた。  この一連の作業のために、べくポストから外したり、軽く張って脇に寄せたりして…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

“♪私の子供たちへ~父さんの子守唄~” 弾き語り

 レギュラーチューニングのソロギターの練習をスマホで撮っている途中、急に昨日覚えたばかりの歌を歌ってみようかと思いやってみた。  この歌は、昨日Youtubeでちがう曲を探しているとき、リストにあってたまたま聴いてみた曲。  一部どこかで聴いた気がするが、ちゃんと聴いたことがなかった。  笠木透氏が1972年(自分が大…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

“Freight Train”(Xperia Zのカメラテスト)

 この間、スマホをXperia acroからXperia Zに機種変更した。  前の機種では、カメラが背面にだけついていたので、自分の方向を撮るときには液晶画面を確認できなかった。(鏡を使って見るようにはしたが)  今回のXperia Zでは、背面のカメラだけでなく前面にもカメラがついているので、自分の映像を液晶画面で確認し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーターファミリー奏法の練習(スマホでの動画テスト)

 以前、『“海に向かって”をカーターファミリー奏法で』というブログ記事を書いたが、今週、「神辺のフォーク少年」という方から、その記事に、「カーターファミリーピッキングのとき、ピックでベース音が出ないときがあるがどうしたらいいか?」という質問のコメントをいただいていた。  文章だけでは説明してもわかりにくいと思ったので、動画を入れ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

“海に向かって”をカーターファミリー奏法で

 今回は、“海に向かって”をカーターファミリー奏法で弾いてみよう。  前回、3フィンガーでの弾き方を書いたが、初心者にしてみれば、カーターファミリーの方がより弾きやすいだろう。説明の順番が逆になった気がする。  カーターファミリー奏法では、メロディを親指で弾くのだが、Gで弾こうとすると、低音では弾けない音が出てくるので、3…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

“海に向かって” 3フィンガー(コードにメロディを入れる)

 前回、“海に向かって”という曲の紹介をしたが、自分は一人で演奏しているので、3フィンガーやカーター・ファミリー奏法でふだんどう弾くかという話。(曲自体がわからない人は、前回のブログ参照)  まず、対象は初心者。(自分自身が初心者なので(^_^;))  ただし今回は、3フィンガーで説明するので、3フィンガーが何とか弾けること。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

“海に向かって”という曲

 この曲は、それこそ自分が若い頃に聴いた曲ではあるが、3.11以降、また違った特別な意味をもって聞こえる歌である。このごろ、つい口ずさんでしまう歌である。    “海に向かって”             作曲:A.P.カーター (原題“When I'm Gone”)             作詞:笠木透  わたしは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カタカナで覚えた洋楽

 若い頃、曲は気に入っても洋楽に入りきれずに、日本のフォークソングにはまっていったのは、自分が歌詞の意味を理解しようとしていたかどうかなのかも知れないと、思っている。  自分は英語が苦手で、洋楽で好きになったものは、純粋に曲として、歌詞は音としてとらえてきたのだなあと思う。  若い頃、意味を理解して、好きになった洋楽曲という…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more