テーマ:ウクレレ

例によって急ぎ足の御茶ノ水の楽器店巡り

 金曜日から日曜日まで東京に行っていた。  土曜日の午後少しだけ全くのフリーの時間ができたので、例によって御茶ノ水で楽器店を回った。  自分の場合は、アコースティックギターしか見ないので、御茶ノ水で急いでいるときはだいたいこういう回り方になる。 クリックすると少しだけ大きくなります。  まず、JR御茶ノ水駅の聖橋口から出…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Aquila弦に張り替える

 クランプで締め付けていたウクレレは、ほぼネックの逆反りが修正できたようなので、この際、弦を張り替えることにした。  張っていたYAMAHAの弦を外し、指板の状態を整えたり、ペグポストのナットを締め直した。  念のためと思っていたが、ナットはけっこうゆるんでいたものもあり、締めて直して正解だった。  張り替える弦は、この間、東…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネックの逆ぞり 何とかなったかな

 逆ぞりを補正するのにCクランプで締め付けてみたが、最初から強く閉めすぎてはよくないだろうと、それほど強い締め付けをしないで2日ばかり放置してみたが、結果からいうと、これでは不十分だった。  そこで今度は、木材を挟む位置を変え、クランプを締め付ける位置も変えてみた。  少し強いかなと思うぐらい(目で見ても反対に曲がっているとわかるく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウクレレネックの逆反り

 以前の記事で紹介した、ネックが逆反りしてきて、サドルを自作のより高いものに交換したウクレレだが、部屋の乾燥し過ぎのせいなのかこの逆ぞりがさらに進んだようだ。  1・2弦側が特にそうで、1から3フレットの辺りを押さえると、ペチペチと次のフレットに弦が当たってしまう。  そこで、ダメ元で、ちょっと乱暴かと思ったが、手元にある工具な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウクレレのサドル自作・交換

 ネットで手に入れたテナーウクレレだが、予想通りというか案の定というか、やはり、ネックの逆反りが進んで、2・3フレットを押さえると、弦が次のフレットに触れてペチペチとした音になるのが気になっていた。  購入したばかりのとき、既にこの傾向が出ていましたね。  (前回のブログ『ウクレレでウクレレ練習(当たり前か!?) 』の音を聞いてみる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウクレレでウクレレ練習(当たり前か!?)

 落札したウクレレに張ってあった弦はAquilaの白い弦で、これがチューニングしようとすると伸びる、伸びる、伸びる。  最初はいいかなと思っても、すぐにまた伸びてしまうのでチューニングがなかなか安定しない。  ウクレレは、ソプラノもコンサートもテナーも同じ弦を使用する。  テナーは弦長が長い分テンションがかかるので、ソプラノに比べ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギター5capoでウクレレ練習

 いろいろあってなかなかまとまった練習ができずにいたが、ここ2週間ぐらいは、短い時間の中でウクレレの練習をしていた。  といっても、ギターを使ってである。  5フレットにcapoをして4~1弦を使うと、チューニングがそのままG・C・E・Aとなって、いわゆるウクレレのLow-Gと同じチューニングになるからだ。  ウクレレの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

同年代にも音楽好きはいるんだね~

 先週、仕事で自分の所属する会の「退職会員を送る会」があった。  自分のテーブルは、次年度退職するメンバーの席(とうとう自分もそんな歳か~)ということで、みな同期だったが、隣が高校の時の同級生でもある女性Nさんだった。  以前の懇親会で彼女に、自分が趣味でギターをまた弾いていることを話したことがあったが、彼女は、そういえ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジェイク・シマブクロ『UKULELE Ⅹ』

 今年の家のサンタさんから自分へのプレゼントは、ジェイク・シマブクロの2枚組アルバム「UKULELE Ⅹ」だった。居間でのサイレントギターも迷惑そうにしているサンタさんが、よくこのアルバムを選んだものだと妙に感心している。  ジェイク・シマブクロを知った最初の頃は、やはり、彼のウクレレとは思えない超絶技巧や早弾きにひきつけられたの…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

優しく教えてくれるKenMiddletonさん

 基本的に指弾きが好きだが、フラットピッキングにも魅力を感じる。  しかし、この方面に経験のない人にとっては、いきなりすごいフィドルチューンのギターソロを聞かせられても口がぽかんと開くだけであろう。  この人はそんなことはない。非常にシンプルでわかりやすく、しかも曲のよさを十分に伝えている。もちろん英語だが、手元を写し解説し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more