テーマ:インレイ

Headway MTD-20 ANというギター

 このところなぜかケースにしまいっぱなしになっていたMTD-20を久しぶりに出してみた。  弦が黒ずんでいた(こんなに使っていなかったかな?)ので、弦交換し弾いてみると、改めて軽いピッキングでも明るい音がするギターだなあと思った。  このギターは、再び弾くようになってから、サイレントギターSLG100Sのあとに、普通に音の出るギ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Torch & Flowerpot

 前回、指板のポジションのインレイについてだったが、今回は、ヘッドのインレイについての話。  Martinの古いギターには、スロテッドヘッドに美しいインレイが施されているものがある。  Martin 0042S(1902年)と045(1919年)の見事なFlowerpotとTorchインレイ。デザイン自体の美しさはもちろん、貝の模様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cat's eyes, Diamonds & Snowflakes

 前回、OM-42仕様にするために指板のインレイを変えることに触れたが、今回はそのインレイそのものの話である。  Martinの伝統的な45style・42styleの指板に使われているポジションマークのインレイを、その形からCat's eyes, Diamonds & Snowflakesと呼ぶことがある。(45のポジションマークが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more