テーマ:Gear

ギター用木製足台の補強

 この1週間はいろいろあって、ギターに触れる時間がほとんどなかった。  今回も、書きかけたまま途中で保存していた記事を補足してupすることにしよう。 ********************  以前のブログ記事『あったほうがいいもの(ギター用足台)』で紹介した足台が壊れたので修理した。  自分は体重もかなりあるが、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ハーモニックカポ(不思議なカポ)

 前回の“13フレットのオルゴール”のブログに、13フレットにカポができないことを書いたが、カポの話題なら触れておかなければならないカポがある。  ハーモニックカポというものである。  カポして開放で弾くと、ハーモニクスの音になる。逆に言うと、ハーモニクスになるフレット上にカポをつけるのである。  このカポは不思議なカポで、普…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Mistyというクリアコートクリーナー

 今日、グルーヴィン八戸本店で、トーラスコーポレーションから出ている『Misty』というクリアコートクリーナーを購入した。  今日は待ち合わせまでちょっとした時間があり、別に目的があったわけではなかったが、グルーヴィンに寄ってみたのだった。  奥のガラスケースの中のHeadwayやFurchを眺め、つるしてある中古のGibson…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あった方がいいもの(譜面台とギタースタンド)

 以前、あった方がいいものとしてギター用足台を紹介したが、もっと基本的なものとして、譜面台とギタースタンドがある。  譜面台は必需品である。  専門に音楽をやるわけではないから、そこまではと思っている人がいたら、考え直して是非購入した方がいい。  自分も単身赴任以前は使っていなかった。本や譜面を机に置いたり、ソファに置…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あったほうがいいもの(ギター用足台)

 自分の足は太くて短いので、ギターを弾くときに足台が必要となる。  右に構えるときも左に構えるときも同様である。(自分は、曲により左右をかえることがある。左の指を広く開いて押さえるときは、クラシックスタイルの方が弾きやすいと感じるからだ。)  自宅では、きのこスツールや100円ショップで買った四角いプラスチックケースを足台がわり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SOLID BASSというインナーイヤーヘッドホン

 妻は耳の穴が人より狭いらしく、ウォークマンなどのインナーイヤータイプのヘッドホンを装着するときに、イヤピースが大きくて苦痛だというので、先月になるが、小さなイヤピースを探しに近くの家電店に出かけた。  ところが、交換用のイヤピースの小さなものが見つからなかった。  そんなとき、実際に音を聞けるようにして展示販売しているイン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギター弦(ゲージとテンション)

 今回購入したBLUEGRASSゲージのMSP4250をD-35に張ることにした。  テーブルの上にキノコスツールを置き、ネックをのせる。  全部の弦を一斉に弛めてはずす。(昔、ネックにかかるテンションに大きな変化を与えてはいけない、だから、弦交換は1本ずつと言われたこともあったが、貴少なヴィンテージギターならともかく、今時そん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

また御茶ノ水で楽器店回り その2

 妻と待ち合わせの三省堂書店(神保町本店)に行き、書店内のカフェコンフォートで休んでから、二人で御茶ノ水駅へ向かう。  靖国通りを渡り、クロサワ楽器G'club前を通るとき、「ここはGibsonが置いてあるんだよ」というと、「ここは見たの?入らなくていいの?」と聞いてきた。「このギターかっこいいね」と、彼女が指さしたのはハミングバ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立奏用ギタースタンド

 前回のブログで、イルカさんのコンサートでの立奏用ギタースタンドに触れたら、意外と見たことのない人もいるようなので、動画を一つ紹介します。  これは、2000年のシドニーオリンピックのときに、Tommy Emmanuelが兄弟のPhil と一緒に演奏している動画です。  Tommyは最初エレキギターで演奏していますが、上の画像の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっぱりD-35 その4(ピックアップ)

 途中に、「楽器店はしご備忘録」が入ったが、「やっぱりD-35」の続き。  このD-35には、落札購入したときから、ピエゾ・ピックアップとマイクがセットされている。  ピエゾは、いわゆるインブリッジタイプとかアンダーサドルと呼ばれるタイプで、細長い板状のものが、ブリッジのサドル下にセットされている。 (サウンドホール…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ギターのワックス

 やっと涼しくなってきた。夏の間、腕が触れ汗がついた部分は、その都度拭き取り、からぶきしてきたが、ここで一度まとめてワックスがけをしておくことにした。  塗装表面の保護は、これまで、スプレーで液を塗布するものやムース状のものを使っていたが、今は、固形のワックスを使っている。  それは、中古でSanta Cruzのギターを購入した…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

再びフィンガーピックの話

 サムピックは別として、一般には、フィンガーピックを使う人はあまりいないようだ。  (一般に知られている歌手としては、さだまさし氏がフィンガーピックを着けて演奏することがある。この間もNHKの深夜の番組で、D-35(だったと思う。偶然つけたら歌い終わるところだった。)をフィンガーピックを着けて演奏していた。)  自分は遊びは別と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Headwayのギターストラップ

 楽譜を探しに公会堂前のグルーヴィン楽器にいったら、このHeadwayのストラップが1点だけぶら下がっていた。以前から、皮の幅広のストラップがほしいと思っていた(意外に幅広はないんだなあ)し、ごてごてしないシンプルなデザインも気に入り、確実に通販の方が安いだろうなと思いながら、1本しかないので、思い切って購入した。    自分は、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムピック Thumb Pick

 ふだんは、指弾きで何もつけずに弾くことが多いが、低音弦をミュートしたり、速弾きしたりするときにはサムピックを使用する。(前に紹介したフィンガーピックと併用することも)  いろいろ試したが、自分にはこのTAB SPECIALのサムピックが合うようだ。指が太いので普通のサムピックでは、痛くなったりすぐゆるんでしまうのだ。 ピックの部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューナー

BOSS TU-80(下)SLG100Sを買った頃はこれ。ライン出力でひっそりと。 いつの間にか練習はヘッドフォンやライン出力なしでそのまま使うことが多くなり、 ほぼKORG AW-2G(上)だけを使っている。 アコースティックギターならこれが使いやすい。(MICではなくほとんどPIEZOで使用) ギターだけでなく、インドネシア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンガーピック Finfer Pick

左奥:DUNLOP 右奥:aLaska Pik brass(Joan Baezが近年樹脂製のものを付けて演奏している。ホワイトハウスで"We Shall Overcome" を歌ったときも付けていた。) 左前:NATIONAL(自分で両脇を削り落としたもの。ERNIEBALLが手に入るまではこれがBEST) 右前:ERNIEBAL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのスライドバー

陶器製のTABスライド・バー“GIANT BONE BAR” 専用ケースが便利。 【Amazing Grace:open D】 にほんブログ村 人気ブログランキングへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more